萩往還140kmの走行計画を作った

あと3日に迫った萩往還。私は140kmの部に初参加します。
ウルトラマラソン恒例の走行計画を作りました。

萩往還は、地図と標準通過時刻が記載された冊子が同封されている

萩往還は、正式には「山口100萩往還マラニック大会」という名称です。マラニックの名が示すように、基本は自助努力です。

コースの誘導員は、ほとんどいないでしょう。そのため、詳細な道順が記された冊子が送付されています。

この冊子には、地図とは別に、曲がり角がすべて羅列されて書かれていますリストがあります。次の曲がり角まで100m程度でも細かく書かれているのです。

こんな感じです。
萩往還140kmコース説明

冊子には、「早い人」「普通の人」「ぎりぎりの人」を想定した、ペースと、主要地点の通過タイムも記載してあります。これは助かります!

標高は、地理院地図を参照

冊子には、ざっくりとした高低図しかありません。これは、地理院地図を活用しました。

地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など、国土地理院が捉えた日本の国土の様子を発信するウェブ地図です。地形図や写真の3D表示も可能。

地理院地図では、選んだ地点の標高を表示できます。ベース地図が25,000分の1の地図なので、Google Mapとは違い、高圧線なども記載されています。

萩往還140kmのルートを地理院地図で追うと、細かいアップダウンがかなりあることがわかりました。

更に、ルートラボで検索すると、140kmの実走GPSがアップされていました!

この方は、2016年の大会を、第1ウェーブでスタートして、23時間半で走り切っていました。そして、GPSが算出した獲得標高が、上り:2730m、下り:2735m! こんなにあるんだあ。

少し補正してペース表を作成

「普通の人」をベースに、後半は遅くなることと、主要エイドでの滞在時間を長めにしたペース表をを作りました。
こんな感じです。

萩往還140km 走行予定

約23時間で完踏する計画です。1時間はバッファとしてます。

当日は、幸いなことに、天気もよさそうです。もしかしたら、後半は暑すぎるかもしれません。

なんとか、無事にゴールしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

●他の方のブログもどうぞ!↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ