ホカオネオネ チャレンジャーATR4でロードを試走

ホカオネオネ チャレンジャーATR4で、皇居を走りました。いい感じです!

ホカオネオネは、東京の有楽町にあるBEAMS & WINDS STATIONで、シューズの無料貸出を定期的に行っています。

5月の後半は、チャレンジャーATR4が無料で貸出しています。

HOKA ONE ONE®【メンズ商品ページ】トレイル用のクリフトンと呼ばれることも多いCHALLENGER ATR 4(チャレンジャーATR 4)。すっきりとしたデ…

実は、昨年も、チャレンジャーATR4の一つ前の型となる、チャレンジャーATR3を試履しました。

有楽町駅近くに、ビームスのランニングステーションがあります。 6月中に、ホカオネオネ(Hoka One One)のシューズの無料トライアルを行っていましたので、試してきました!

前回もいい感じでした。今回、モデルチェンジでどこが変わったか、期待が膨らみます。

貸出シューズの色は、ブルー。なかなかいい色です。

ホカオネオネ チャレンジャーATR4

チャレンジャーATRの「ATR」は、All Terrainの意味で、「全路面対応」ということです。
ロードでも、トレイルでもOKということですね。

ソールには、トレイル特有の凹凸があります。
ホカオネオネ チャレンジャーATR4のソールには、トレイル特有の凹凸があります。

ホカオネオネ チャレンジャーATR4のソール

サイドには、大きな「HOKA」のロゴと、小さめの「CHALLENGER ATR 4」の文字があります。

Hoka One One Challenger ATR 4

サイズは、いつものブルックスのシューズより、0.5cm小さめを選びましたが、これでジャストフィットでした。

皇居の、ややアップダウン有る周回路を、2周しました。1周目はキロ6~7、2周目はキロ5~6です。

走ってみると、ホカオネオネのシューズに共通する、かかとからつま先にスーッと抜ける「ローリング」の感覚は、このチャレンジャーATR4でも十分に感じます。

ロードでは、ソールの凹凸のために着地が不安定になるかと心配しましたが、そんなことはありませんでした。

更に、土踏まずのサポートがとても良いです。私はローアーチ気味の扁平足なのですが、標準の中敷きが良い感じにサポートをしてくれます。

ゆっくりペースも、速めのペースも、いい感じで走れました。

ロードとトレイルが混在するような大会で、使ってみたいシューズですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

●他の方のブログもどうぞ!↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ