スント5の「エンデュランスモード」をストラバで表示すると時間がおかしい→解決しました

スント5「エンデュランスモード」を使いました。
エンデュランスモードは心拍計測が無くなり(心拍ベルトを着ければ計測できる)、GPS取得間隔が1分(普通は1秒)となり、電池が40時間持つ(普通は20時間)モードです。

超長距離では、電池の持ちが必要で、心拍は見なくてもOKなので、と思って試しました。
約9時間使用して、残りが70%。いい感じです。

ですが、スントのデータをストラバに転送したら、時間がおかしくなっていました。
スントでは経過時間のみの管理ですが、ストラバは経過時間と移動時間の両方で管理するためのようです。

移動時間
この継続値は、トレーニング中に移動している実際の時間が反映されています。この値はGPS情報または速度データ(水泳の場合)に基づいています。この値には、あなたが静止立位状態を維持する時間、運動を手動一時停止する時間、ウォッチで自動停止機能を使用した時間は含まれません。Stravaの移動時間の定義に関する詳細情報をご覧ください。
経過時間
この継続値は、エクササイズの開始および停止間の合計時間が表示されます。この時間には、静止立位状態を維持する時間、ウォッチを手動一時停止に設定する時間も含まれます

ストラバは、ランニングやウォーキングでは、移動時間をデフォルトで表示しています。
そして、スントのエンデュランスモードでは、GPS取得間隔が長いためか、移動時間が正しく表示できません。
そのため、必ず移動時間が表示される「ランニング」の「レース」としてタグ付けする必要があります。

参考にしたサイト;

What is the difference between moving time and elapsed time? Elapsed time is the duration from the moment you hit start on your device or phone to the moment yo...
Strava offers four different sub-categories within the Running activity type to allow for more detailed and focused analysis of your training. Those four tags a...

親切な機能ではありますが、おせっかいな機能でもあるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

●他の方のブログもどうぞ!↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ  

コメント

  1. ま~く より:

    以前にブログに書かれていた新しいランニングウォッチは
    SUUNTOにしたんですね。SUUNTO5ですと稼働時間も
    かなり長いのでウルトラマラソンの大会でも
    安心して使えそうですね

    私の場合は、Garmin で計測したデータをRunkeeper、STRAVA
    TATTAなんかに転送していますが、表示するサイトによって
    微妙に時間に差異が出るようです

  2. ひっきー より:

    ま~くさん、コメントありがとうございます。ブログに書き忘れていますが、スントを買いました。でも、TATTAとの連携ができなかったりと、ガーミンの方が良かったかなあとも思っています。