しわいマラソンに参加しました!

広島県の安芸太田町で開催された「しわいマラソン」に参加しました。

しわいマラソンとは

あまり知られていない(?)しわいマラソン。でも、今回が第9回と、歴史ある大会です。

なぜ「しわい」?

「しわい」は、当地の方言で「きつい」とか、「しんどい」という意味らしいです。
その名の通り、ウルトラマラソンとは言うものの、かなりしんどいコースでした。

開催場所は?

広島県の安芸太田町で開催されます。安芸太田町は広島市の北側にあり、島根県にも近い町です。
広島県でも、過疎が進んでいる町だそうです。

どんなコース?

88kmと100kmの部があります。ともに、制限時間は13時間です。

100kmのウルトラマラソンは、だいたい13時間から14時間が制限時間です。

88kmで13時間は余裕、と思ったら、そんなことはありません。
ルートラボの地図は、このようになっています。

獲得標高は、なんと2,275mです。アップダウンが強烈ですね。

そのため、100kmの参加条件は、「以前に88kmのコースを10時間以内でゴールした人」です。

また、ゴール直前には、「しわい」に関連して、温井ダムの481段の階段を上るコースになっています。

これは、翌日に撮った写真。赤色の階段を上ります。

温井ダム(しわいマラソン)

いやー、「しわい」!

しわいマラソン 参加記

そんなしわいマラソンに、参加しました。もちろん、88kmの部です。
これまでに標高差のある大会で2回連続で関門アウトなので、今回はなんとしても完走が目標です。

そのため、写真は少なめです。

前泊、のはずが、車中泊

当初は、お昼過ぎに到着して、前夜祭を楽しむ予定でした。ところが所要が入って、広島空港に着いたのは前日の夜10時。レンタカーを借りて、安芸太田町に向かいます。

夜なのに山陽道の交通量の多さに驚きながら、途中の久地PAに車を停めて仮眠。でも、慣れないレンタカーで、あまり寝られませんでした。

3時半過ぎに会場に到着。天気はギリギリ降っていないという感じ。夜は涼しかったです。

準備して、主催者が用意してくれた車で、会場に向かいました。

受付、そして出走確認

受付して、ゼッケンやTシャツなどの参加賞と引き換えます。
更に、大きな紙に書かれたゼッケン番号の隣にサインをします。これが最終の出走確認となります。

しわいマラソン 最終出走確認

出走確認をしていないと、ゴールしても完走と認めてもらえません。

50km地点にある三段峡エイドに運んでもらう荷物と、ゴールに置いておく荷物を預けて、トイレに行っていると、間もなく整列です。

88kmの部の定員は、しわいマラソンにちなんで481名。また100kmの部の定員は200名と、こじんまりした大会です。

今回は、少しでも余裕を持たそうと思い、比較的前の方に整列しました。

スタート、いきなり急坂

予定通り、5:30にスタートです。まず温井ダムまで1㎞ほど下ったあとは、いきなりの登り!スタートして2,3㎞で、歩きが入ります。

その後も下ったり登ったり、トンネルをくぐったりして、第1エイドの猪山です。
まだ朝も早いのに、あちこちで応援してくれます。ありがとう!

ここからはしばらく下りです。そして、国道と交差した後は、奥滝山峡に入ります。

奥滝山峡を進む

やや上りの、砂利道が続きます。奥滝山峡は、沢との距離が近く、マイナスイオンと感じる道です。
朝は、とても気持ちいいです。

車が通れる道ですが、幅は狭く、ガードレールもありません。ふらふら走っていると川に落ちてしまいます。

途中のエイドで補給して、舗装道に出ます。
交差点で曲がって、国道191号を進みながら、ふらふら走行。眠さがMAXでした。

深入山エイドまでの登りおわると、エイドで補給してちょっと復活。

だらだらと下った後は、再び登り。餅の木峠に向かいます。

餅の木峠のピークにはエイドステーションがあります。へばってきたところなので、とてもうれしかったです。

下って少し登りだすと、恐羅漢のエイドです。

恐羅漢のエイドで、ほっとする

ここで初めて時間を確認し、予定よりも早く進んでいることが確認できました。
今までのエイドは、最小の滞在時間で通過してきましたが、ちょっとほっとして、おにぎりやチョコパンを頂きました。

しわいマラソン 恐羅漢のエイド で、ちょっと休憩

ここからは、最高標高地点の内黒峠に向かいます。それほど急坂ではないので、ギリギリ走れるくらい。歩きも交えながら、登っていきます。

峠の後は、ひたすら下り。柴木分かれエイドから、少しの登りがありましたが、やはり下り。そして、下り切ると荷物を預けていた三段峡エイドステーションです。ここで50km。

三段峡エイドで、気分転換

まずは、かぶり水。この日はとにかく暑かったので、各エイドでのかぶり水が嬉しかったです。

そして、コーラ。普段は飲まないのですが、大会だと炭酸の刺激と糖分が嬉しいです。

荷物を受け取り、階段に腰を下ろして、荷物に入れていたジェルを食べます。
補給食をポケットに入れます。ちょっと休んで再出発。三段峡エイドを後にします。

しわいマラソン 三段峡エイド

しばらくは舗装道

ここから先は、アップダウンの少ない道路を進みます。交通量も多く、暑くて走れないので、歩きを入れながら進みます。

いつもは排気ガスと騒音で好きでないトンネルも、外より涼しいので歓迎です。

道の駅エイドでも水をかぶって、進みます。

応援に感謝!

この大会は、沿道の応援がすごいです。あちこちで、双眼鏡を片手に、遠くからゼッケン番号を確認して名前を呼んでくれます。

また、千葉県からの参加と気づいた方からは「遠くからありがとう」などと声をかけて頂けました。

ちいさな峠を越えると、龍頭峡エイドまでは、この大会唯一のすれ違い区間。声をかけながら進みます。

そして、筒賀エイドからは、いよいよ最後の、そしてかなり急な登りです。もう走れません。歩いて進みました。

棚田が見事な井仁地区

トンネルをくぐると、井仁のエイドです。ここは棚田が有名です。
エイドでは、今年の新米で作ったおにぎりをふるまってくれました。

しわいマラソン 井仁の棚田 

急な坂を下って舗装道に戻ると、田の尻のエイド。ここから先は2車線の舗装道で、だいぶフラットになります。

次のエイドは、「ぷらっとホーム津浪」。以前走っていた鉄道の駅舎を、ドライブイン風に改造したエイドです。ここでは、素麺とおはぎを頂きました。

加計かけはしエイドは、100kmの部との分岐

国道沿いを進み、第4関門となる加計かけはしエイドです。88kmの部の制限時間は17時15分ですが、100kmの部は、ここを16時までに通過しないといけません。そして、ここのエイドも、以前の加計駅の跡に作られていました。

「今日は休みだけど、明日は名物の鯛焼きを食べて行ってね」という言葉に背中を押されて、進みます。

残りの関門は1つ、滝山エイドです。ここでは梨を美味しくいただきました。

温井ダムの481段を登ってゴール!

いよいよ、残り5km。そして、「しわいマラソン」名物の温井ダムの階段です。

ゴール1km手前の温井ダムのふもとから、ダムの頂上まで、「しわい」にちなんで481段の階段があります。普段は閉鎖されているのですが、「しわいマラソン」では通ることができます。

途中の200段目には、エイドもあり、また、ダムの頂上からの応援もあり、大会のハイライトの場所です。

 

階段をゆっくり歩いて登ったあとは、残り1㎞の緩やかな登り。無事にゴールできました。

しわいマラソン ゴール

高校生が、すぐに完走証と荷物を持ってきてくれます。少し休んだあとは、駐車場まで送ってもらいました。

近くの宿で一泊

本日の宿は、川・森・文化・交流センター「ごりんの宿 星の里」
後泊する人は滅多にいないようで、今日は一人で8畳を独占でした。
でも、研修用の建物なので、部屋にTVはありません。高校の寮も兼ねているようでした。

素泊まりなので、晩御飯と朝ごはんは近くのセブンイレブンです。

お風呂に入って、すぐに寝てしまいました。

翌日は、安芸太田町の観光

翌日は、8時半頃に出発。
川・森・文化センター

レンタカーで安芸太田町の観光です。

加計を歩く

まずは、加計の町を探索です。

最初は、昨日の大会の時に教えてもらった鯛焼きやさん。

しっぽまで餡が入っていて、美味しいです。朝9時の開店直後でも、お客さんが2組もいたのにびっくり!お昼は待ち必須でしょうね。

加計駅跡の近くには、昔の列車がありました。wikipediaによれば、15年前の、2003年に廃線になったようです。

 

深山峡を独占

次に向かったのは深山峡。ここは昨日のしわいマラソンでは走っていません。でも、紅葉の時期は、きれいでしょう。
今は時季外れなのか、誰もいませんでした。

安芸太田町の深山峡

お昼ご飯は、漬物焼きそば

道の駅で、焼きそばで腹ごしらえをしました。
お漬物を具にした焼きそば、というのが名物!?ということで注文。
「セット」にすると、ご飯が付きます。

焼きそばをおかずにしてご飯を頂く、というのは、ちょっとびっくり。でも昨日走っているので、炭水化物の補給ということでオッケーとしました。

時間がかかるときもある、ということでしたが、意外とすぐに来ました。白菜の漬物ですが、炒めると全然違和感がありません。
美味しくいただきました。

やはり、温泉!

あとは、温泉三昧。
最初の温泉は、筒賀高齢者生活福祉センター ひまわり。休日ですが、誰もいませんでした。

次の温泉は、折り返し地点近くの龍頭ハウスの予定でしたが、営業しておらず、断念。

近くの「グリーンスパつつが」に向かいました。ここも、昨日のコースの近くです。
高台にあり、眺めが良いのですが、残念ながら小雨が降っていて、周りの山は雲の中でした。

最後に向かった温泉は、しわいマラソンのスタート地点に近い「温井スプリングス」。
露天風呂もあり、のんびりと過ごせました。

ぷらっとホームつなみで、焼き鳥とアユ

最後に、昨日のエイドステーションだった「ぷらっとホームつなみ」に寄りました。

ここは、廃線になった「津浪」駅の場所を利用したドライブインです。

ぷらっとホームつなみでは、アユの塩焼きと焼き鳥を焼いていました。おいしそうなので、両方とも頂きました。

焼き鳥は、串に鶏肉を刺したものではなく、鳥のモモ肉を焼いたものでした。大きくて、食べごたえがありました。

アユは、このあたりで撮れたものだそうです。子持ちでおいしかったです。

ぷらっとホーム津浪に近い、加計スマートICから中国自動車道に乗って、広島空港まで1時間半のドライブののち、2時間のフライトで羽田に戻りました。

まとめ

2日で、安芸太田町をぐるっと一周しました。
一日目は自分の足で、二日目は車で。
楽しい旅でした。

しわいマラソンの歴史を読むと、

  • 町内の観光名所を巡る
  • 旧3町村をつなぐ全町イベント

がコンセプトです。一つの町で、ウルトラマラソンが開催しているのは珍しいと思います。

コースはキツイ(しわい!)ですが、温かい大会でした。機会があれば、また参加したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

●他の方のブログもどうぞ!↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ