野辺山ウルトラマラソン の記事

第18回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンに初参加して、制限時間の3分前にゴール!しました。

2012年野辺山ウルトラマラソン 参加記の1
2012年野辺山ウルトラマラソン 参加記の2
の続きです。


●71kmエイドを過ぎて
右はゴールゲート、左はエイド。100kmコースは左だった。給水して、そばをいただく。温かいそばが、にわか雨の体を温めるのに役立った。マッサージサービスがあった。既に多数の人は通過したのだろう、空いていたのでお願いした。

意外とふくらはぎと太ももが固まってはいなかった。まだ、余力がありそうだ。感謝の意を表して、小雨の中出発した。

ここから先は上り。積極的に歩くが、走れるところは走る。右折したところにある73kmエイドが少し奥まっていて坂があるが、その坂も負担になってきた。

「ここから400m上ります」というエイドのボランティアに励まされて、本格的な上りに向かう。

積極的に歩く。道路に「あと4km」と大きく書いてあるが、なかなか次が出てこない。

いいペースで登っている女性をみつけ、付いていく。何人かをパスし、76kmエイドで少しの給水。長居をする時間がなくなってきた。

ひたすら歩く。やっと傾きが緩やかになった。「あと50mで峠」という応援を受けて、やっと馬越峠のエイドに到着した。

長いはしたくなかったが、お腹がすいた。「アンパンは喉に詰まるんだよね」というランナーが居たので、クリームパンを食べた。

ここから先は下り。走れるかが不安だったが、意外と大丈夫。膝も痛くならない。スピードの出しすぎだけ注意して下る。

80km通過時刻が4時10分。ゴールまでは170分。キロ8分半が必要だった。

計画では、山下りはキロ8分半、その後はキロ8分を予定していた。下りで走れるうちに稼ごう、と考えて、飛ばし過ぎないように走る。

山道を抜け、眼下にピカピカ光る長方形の場所が見える。近づくと、ビニールで覆われた畑だった。

人家が増えてきて、川沿いを走る。ゆるやかな下りで、走ることができた。87kmの着替えエイドはまだかなあ、と考えていると、左折してすぐにエイドがあった。

●87kmエイド:最後の関門

ここは、最後の荷物預かり場所。荷物を受け取り、サングラスをメガネに変えた。曇ってきたので、帽子も預けた。

荷物からゼリーを2つ取り出し、一つは食べ、ひとつはウエストポーチへ。ウインドブレーカーを着て、暖かいうどんを頂き、トイレ休憩。10分位のロスでスタートした。

しばらくは、車の通る道を走る。暑いかな?と思ったが、丁度良い。夕方になって、気温が落ちてきたのだろう。

右に折れると、上りになる。ここが90kmのチェックポイント。残りは1時間35分。キロ9分半で大丈夫だ。多分、全部歩いても間に合うだろう。

そうと判れば、積極的に歩く。下りは軽く走る。筋肉の疲れよりも、呼吸が苦しいのは、ここが標高1300m近いためか。心拍数も130弱で、高いわけではない。

予定通り93kmエイドで、最後のゼリーを食べる。「急がないと間に合わないよ」と言われるが、多分大丈夫だろう。

でも、「大丈夫だ」と思った瞬間に、走る気迫が無くなる。「明日仕事だよなあ」とか、疲れたくない理由を探し、歩く。

「あと5km」の看板があった。少し下りがあったので走る。足は大丈夫だ。万が一何かがあっても、多分走れるだろう。でも、歩く。

「練習不足だったから仕方ないよなあ」と、言い訳を探して、歩く。

残り3kmで、30分以上ある。多分、大丈夫。やっぱり歩く。野辺山駅が見えるが、左に折れて大きく迂回する。

「あと2km」で、残り24分。キロ12分でも大丈夫だ。周りは走るが、私は歩く。それほどスピードは変わらない。でも、そこには大きな違いがあるように感じた。

会場から戻ってきた人の応援が増える。前に踏切が見える。引っかかるとヤバイかも、と思い、少し走る。大丈夫そうなので、また歩く。

野辺山駅前を左折すると、ゴールまで100mもない。最後は走ろう。両側には走り終えた人や応援の人で人垣ができている。ハイタッチをしながら、会場に向かった。

やはり、最後は自然と笑顔になる。ありがとう、野辺山。ありがとう、皆さん。「歩く」という選択をして、でも戻ってこれました。

●ゴール!

すっかり暗くなって、八ヶ岳は見えなくなっていた。ゲート前だけは妙に明るい。なんとか、ゴール閉鎖までに戻ってこれた。

計測チップも、問題なく外せた。やはり、肉体疲労はそれほどではない。ただし、呼吸は苦しかった。歩いていても、「はあはあ」と口呼吸だった。心拍数は高くない。標高が1,300mと、高いためかもしれない。

気づくと、「あと1分」とMCが言っている。最終ランナーのゴールを見るべくゲートに向かうと、アートスポーツの鈴木さんが、14時間ジャストで飛び込んできた。そして、そのあと数秒遅れで、ゲートの前で崩れる人orz ほんのわずかな時間が、決定的な差となった。


温かいそばで体を温める。ああ、食べられる。よかった。

体育館で荷物をゲット。エアサロンパスを吹きかける。寝転んで、足回りのストレッチ。もっとゴロゴロしていたいが、今日は自宅まで帰らないといけない。ある程度ストレッチをした後は、着替えずに車に乗り込んだ。


14時間走った後の運転は初体験。慎重に、慎重に、走って帰宅した。


50km以降は、写真を撮る余裕はなく、またエイドでまったりとする時間もなく、ゴールに向かって前進していました。次回は余裕を持って走りきりたいと思います。


3週間も経つと記憶が曖昧になりますが、でも「辛いけど楽しかった」というのは覚えています。

次のウルトラマラソンは、えちごくびき野100kmマラソンの予定です。練習しなくちゃ。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

第18回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンに初参加して、制限時間の3分前にゴール!しました。

2012年野辺山ウルトラマラソン 参加記の1 の続きです。


●当日:2012年5月20日(日) 朝は曇り、のち晴れ、一時にわか雨。


朝5:00、スタート!

立っていると肌寒い。5:00に、予定通りスタートした。

12052612.jpg

スタートロスは1分半程度か。でも、ウルトラマラソンで1分半を気にしても仕方ない。

チアリーダーの応援を受けて、ゆっくり走りだす。駅の手前で右に曲がり、線路を渡る。

右手にパラボラアンテナを見ながら、再び線路を渡った。しばらくすると踏切の音。遮断機に停められることは無かったが、滅多に電車が通らないので、停められたほうが記念にはなったかも!?

線路と並走していると、アミノバリューランニングクラブINぐんまのOさんに後ろから声を掛けられた。私よりずっと速いランナーなので、前にいるとばっかり思っていたのに。少しの間並走して、先に行ってもらった。

昨日夕食を食べた、JR最高地点を地点を通過。国道を渡ると上りになる。ダートになってしばらくすると、10km地点のエイドだった。

だんだんと晴れてきた。朝の八ヶ岳が綺麗に見える。上りも急になってきて、歩くことも増えてきた。
12052613.jpg
路面はダートだがトレランシューズなので問題はない。でも、厚底のBROOKS トランス8でもなんとかなるとも思った。次に参加するなら、靴の履き替えは不要にしよう。

標高最高地点が、約20km地点だったと思う。ここのエイドにはぶどうがあった。但し、スタートから2時間しか経っていなくてランナーがバラけていないことや、気温が上がってきたこともあり、エイドは混雑している。給水を取るのは大変だった。急ぐ旅ではないので、気にしない。
12052614.jpg
ダートを飛ばし過ぎないように下ると、正面にエイド。いちごがあった。1パック全部食べたくなったが、さすがに遠慮して4個を2回食べた。これがウルトラの醍醐味。この、いちごエイド(勝手に命名してますが、本当は23kmエイド)に到着した時、丁度Oさんが出発する頃だった。頑張って!
12052615.jpg
いちごエイドとぶどうエイドは、他にもあった。その都度、美味しく頂いた。

一旦、舗装道に戻る。下りが急で、「スピードを出すと後に響く」と思ってストライドを狭めるが、それでも普通より走れてしまう。「ピッチ、ピッチ」と注意しながら走る。途中で雪の八ヶ岳が見えたが、写真を取る余裕は無かった。

稲子湯が35kmのエイドだった。おにぎり、おしるこをいただく。おにぎりが大きくて食べきれない。トイレロスもあり、10分近く滞在したと思う。

12052616.jpg  12052617.jpg

最高地点を越えたので、この後はずっと下りか、と思ったら、上り。周りと一緒に歩く。2車線の道に合流した後、舗装道の下りになった。ツーリングのバイクが脇を通過する中、淡々と歩道を走った。山の中から出たため、直射日光が暑い。給水が欲しくなった。

●42kmを過ぎて

野辺山ウルトラマラソンは、42km,71km,100kmのコースがある。42kmは八峰の湯がゴール。ゴールゲートを横目で見ながら、預けた荷物を受け取る。

靴をブルックスのトランス8に履き替えて、チップを付け替える。筋肉痛は特に無かったが、荷物の中に入れていたエアーサロンパスを使った。

着替えも用意したが、ゼッケンの取外しが面倒なのでそのまま。ショッツパワージェルアミノバイタルをポーチに入れようと思ったが、入らない。ショッツはランパンのポケットになった。ポケット付きのランパンにしておいて、良かった。

   

10分くらいのロスで再スタート。この時点で、予定より15分遅れていた。稲子湯の大休止の影響が大きい。

ここから先は、舗装道。靴をトランス8に変えたため、接地面積が増えて安定し、走りやすくなった。

松原湖の脇の私設エイドで水をいただく。国道141号の合流点のエイドでは水をかぶった。暑い。給水してもすぐに喉が乾く。

信号のタイミングを見ながらエイドを出発。暑くて水ばかり飲んでいたためか、トイレに行きたくなる。国道から下って線路を渡る手前にあった松原湖駅に寄ってみたが、トイレが無かった。

交通量の少ない道を進む。しばらくエイドがなく、喉が渇く。まだかなあ、と思っていたら、道路を渡ったところに50kmエイドがあった。


●やっと50km、半分!

ここはそばが有名。エイドの後ろで手打ちしている。そば待の列が10人以上あった。既に予定より20分以上遅れていて、時間の余裕は全くない。ギリギリでゴールすることで有名な「アートスポーツの鈴木さん」にも抜かされていた。どうしようか悩むが、最悪リタイアしてもウルトラマラソンを楽しもう、ということで列に並ぶ。冷たい蕎麦がおいしいが、すこし食欲が落ちていると感じた。

12052618.jpg
ジェルも摂った。結局10分程度滞在したと思う。エイド出発時刻は、関門の20分前だった。

計画では、ここで40分の貯金となるはず。ゴール閉鎖の15分前に到着する計画なので、後半は予定よりペースアップしなければ間に合わない。

幸い、何とか走れる。前半の下りを抑えたせいか、それともCW-X スタビライクスのタイツの下に、更にニューハレ Vテープで膝をガードしたためかわからないが、いずれにしろ肉体疲労は少なそうだ。

   


但し、馬越峠からの下りが鍵。四万十川ウルトラマラソンの中盤の下りや、鯖街道ウルトラマラソンの花脊峠からの下りでは、全く走れなかった。計画では、馬越峠からの下りはキロ8分半、即ちゆっくり走れることを前提としている。

そのため、ここからは、「何とかギリギリを狙い、疲れないようにする」という走りに変える。なるべく平地と下りは走り、上りは早足で歩く。初めて気づいたが、私は歩くのが比較的早い方だった。


54km地点のエイドが遠く感じた。たった4kmなのに。暑さで水分が減っているためかもしれない。特徴のない2車線の舗装道は飽きやすい。無理せずゆっくり進む。

ここから先は、緩やかな上りになる。北相木村の折り返し地点までは、対面通行。すれ違う人は余裕有りそうだが、こっちは一杯一杯。走ったり歩いたりで進む。Oさんとすれ違った時は、丁度走っていた。見栄を晴れて良かった(笑)。

反対側に60km地点の計測用マットがあるのが見えた。集落が大きくなってきて、前方に誘導員が見えた。やっと、折り返しポイントの北相木村役場に着いた。

●59km、到達!

ここには荷物を預けていないので、給水と給食をする。疲れておにぎりが半分しか食べられなくなった。ジェルでガス欠を防ぐ。ここでもいちごを頂いたと思う。立ち止まり癖がつかないように、手早くスタート。

同じ道を戻るので、下りとなるはず。でも上りも少しある。無理をせず、歩く。そのうちに最後尾車とすれ違った。急に寂しくなる。

65km地点に、妙高合宿でもお世話になった、Sさんが私設エイドをしていた。ありがたくアミノバリューをいただく。前日、STYを走ってきたそうで、「山道だった」とさらりと言っていた。全く疲れた様子が無く、すごい人だなあ、と感心した。

曇ってきて日陰になり、にわか雨になった。体が急に冷える。ポンチョを預けたので、雨よけがない。手袋だけはするが、汗をかいた手はなかなかはめられない。やっと南相木村役場の68kmエイドに到着し、トイレ休憩。あと3kmで、71kmの滝見の湯になった。

ここから先は、上りが急。たった3kmだが、長い。ほぼ全て歩いて、滝見の湯に到着した。




まだ、続きます。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

色々な思い出が詰まった第18回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンから、もう2週間経ちました。
やっと、参加記が書けました。長いですが、お付き合いください。

●前日:2012年5月19日(土) 晴れ

午後、会社を抜けだして会場へ。気温は20℃以上で暑い。ポカリスエット900mlを移動中に飲みきった。
15:00すぎに会場に到着。受付でアーリーエントリー者用とあわせて2枚のTシャツをもらった。

12052601.jpg

15:30からの選手説明会に参加した。
内容には目新しいものはなかったが、周りが参加者で、気持ちが一気に切り替わった。

12052602.jpg


会場の脇にはスタートゲート兼ゴールゲートがあった。明日は、どのぐらいのタイムでゴールできるのだろうか。

12052603.jpg

前夜祭は、睡眠時間を確保するためにパス。しばらく5-6時間睡眠が続いていたので、たっぷりと寝たかった。

16:30頃、そばととろろご飯を早めの夕飯として食べる。

12052604.jpg  12052605.jpg

JR最高地点にある、車輪が祭ってある神社に完走祈願した。

12052606.jpg  12052607.jpg

大会が斡旋している宿は、すぐに個室が埋まった。相部屋も続々埋まり、気づいた時には全館満室になっていた。
仕方なく車移動とし、県境を超えた清里のペンションにした。

個室で素泊まり6090円だった。おばあさんの笑顔が嬉しかった。宿泊者の半分以上が大会参加者のようだ。

12052608.jpg  12052609.jpg

2つのTシャツの前後にゼッケンをつけるのに、意外と時間が必要だった。
遅めの夕ごはんはコンビニのおにぎりとお寿司、五目御飯。広めの家族風呂に入り、19:30には寝た。

●当日

夜中に数回目が覚めるが、結局2:30に起床。お寿司を食べて、着替える。
上はSkins長袖+アミノTシャツ、下はCW-Xスタビライクスとアシックスランパン。靴下はCW-Xの5本指。
42km地点には履き替え用にトランス8を置き、トレランシューズのカスケディア4を履いていくことにした。

3:30に宿を出発。深夜にしては車が連なっている。10分程度で会場につくが、車はみな駐車場に入っていた。
駐車場はほぼ一杯。ギリギリ停められた。

外は寒い。予定通りポンチョを上に羽織る。ストレッチをしながら時間をつぶし、会場には4:30ころ向かった。

明るくなってきた。サングラスに変えて、荷物をトラックに預け、整列する。天気は曇りで、残念ながら八ヶ岳は見えない。

12052610.jpg  12052611.jpg

続きます。
  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

野辺山ウルトラマラソンでは、ポラール RS200sdで心拍数を記録しました。

都度ペースが判るフットポッドは、持って行きませんでした。
ウルトラで、1キロごとにラップタイムを見ても、大差ないですからね。

そのため、5kmごとに設置してある距離表示で、手動でラップを取りました。
結果は、こちら(クリックで大きくなります)。
12053102.jpg

登りや大エイドがあると、キロ9分を超えています。馬越峠の登りと馬越峠エイドでは、キロ12分!になっています。

心拍数は、140から130でしょうか。歩く区間が長いと、120に落ちています。

四万十川ウルトラマラソンでは、後半の心拍数は130くらいで、ペースもエイド休憩を含んでキロ8分でした。

鯖街道ウルトラマラソンでも、走っているときの心拍は130から140で、ペースはキロ7分くらいです。

やはり、野辺山はもう少し走れたのかもしれませんね。

次回は、しっかり練習して参加したいと思います。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!
100km走ってから1週間経ちました。週半ばまではダメージがあって走れなかったけど、何とか走れるようになりました。

  1. 当日  
    • ひざ、股関節周りの疲れは、意外に少ない。
    • 立ちくらみがした
    • お腹は空くが、食べると満腹感があまりない。気持ち悪い、とまでは行かないが、「食べなきゃよかったかな」と思う。
    • 他のウルトラマラソン当日よりも熟睡できた(が、2,3回起きた)。
    • 両足の第1,2,5指が死んだ
  2. 翌日(月曜日)  
    • 微熱あり。平熱は36度弱だが36.6度だった
    • 安静時の心拍数が60を越える。通常は40~45程度。
    • 体重は、ウルトラを走る前よりも1kg増えていた。
    • 食欲がいまいち。
    • 筋肉痛よりも、足の指が痛くて歩きにくい。
    • 太もも前側の筋肉痛あり。なんとか階段を登り降りできる。
  3. 翌々日(火曜日)  
    • 心拍数は48と、落ち着いてきた。
    • 平熱になった
    • 食欲も戻る。
    • 太もも前後の筋肉痛。階段の降りが辛い。
    • 左足のかかとが痛い。これは野辺山以前からあったこと。
  4. 水曜日  
    • まだ走れない。もっとも、走る時間が無いが。
  5. 木曜日  
    • だいぶ良い。但し、両足の第一指(親指)を上や前から押すと違和感がある。蹴って走れない。
  6. 1週間後(日曜日)  
    • アミノバリューランニングクラブの自主練習日だった。
    • ゆっくり走ると、まだ左足の太腿奥に違和感がある。
    • でも、ペースを上げても大丈夫だった(ごめんなさい、皆さん。キロ7で走ると言いながら。。)
あとは、走る時間の確保、ですね。
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード 携帯サイト

参加予定の大会


Warning: mktime() expects parameter 4 to be int, string given in /home/thik/www/run/overfull/cat63/index.html on line 1900


レース参加結果(クリック!)
あわせて読みたいブログパーツ