2011年12月の記事

森を走ろう2012」と題したシンポジウムが、1月7日に立正大学の大崎校舎で開かれます。

山西先生や柳下さん、鏑木さんなどが出席します。私は残念ながら参加できませんが、とても面白そうな内容です。どなたか、参加した方は内容を教えてくださいな。

以下がプログラムです。

1 シンポジウム:トレラン界の今
(司会:山西哲郎、基調報告:村越真、パネリスト:三浦務、山口大助、他)

基調報告後、トレラン界に関わる様々な人による、今後の課題についてのパネルディスカッション。

2 分科会
分科会? より速く、安全に走る
(報告者:柳下大、山口季見子、他)
 より速く走るための方法やトレーニングとともに、安全かつローインパクトで走るためのノウハウをトップランナーとともに考えます。
分科会? より楽しく走る(UTMFの挑戦と苦悩)
(報告者:スポーツ観光マイスター 鏑木毅、三好礼子、福田六花)
2012年5月実施の日本初100マイルレース、ウルトラ・トレイル・マウント・富士(UTMF)の運営に深く関わる三氏に、100マイルレース開催の意義やその楽しみ、またその準備で体験したトレイルランニング大会開催の難しさなどを存分に語ってもらいます。

3  全体のまとめ


  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

靴を洗う

| コメント(0)

大掃除の一環、と言うわけではないですが、靴を洗いました。

ホノルルマラソンで履いた、ブルックスのトランス8です。最新型は、トランス10ですね。

走り終わった後、なぜか靴裏と横が茶褐色になっていました。最初は「マメが破けたか?」と思いましたが、そうではありませんでした。

どうやら、赤土の上を走ったか、鉄分の多い水の上をばしゃばしゃと走ったか、のようです。

その後、ベアリス30kmでも使いましたが、茶色のままでした。

ブラシでごしごしとこすったら、きれいになりました。ああ、良かった。

この靴は、つま先部が上がっていて、踵着地で走ると蹴り出しがとてもスムーズです。フルマラソンで何回かはいたことがあります。

今後は、もっと長い距離や、マラニック用に使っていこうと思います。


最初に買ったときは、1万7千円位したと思いましたが、ずいぶん安くなりましたね。円高のおかげかなあ。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

足のマメ

| コメント(0)

最近、足にマメができます。

左足が、第一指(親指)の下、第三指の外側、第五指の上側。右足は第一指の下と第五指の外側です。

靴が合わないのかなあ?とも思いましたが、 履いている靴はミズノのウェーブLSD2だったり、Adizero CS6だったりと、まちまちです。

そして、ウェーブLSD2でも、キロ7分くらいでゆっくり走っているときは気にならず、キロ5分くらいになると気になる、という感じです。

最近、フォアフットに気をつけて走っているのですが、それが問題なのかなあ。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

グレゴリー ルーファスの記事にコメントを頂きました。ありがとうございます。

ルーファスは、5月の鯖街道ウルトラマラソン用に買いました。その後、川場トレラン(10月)神流トレラン(11月)、ホノルルマラソン(12月)で使いました。

練習では余り使っていませんので、主に上記の大会での使用感になります。


●容量について
 特に、ウェストベルト部の収納が意外と入ってありがたいです。携帯電話、小銭入れ、ゼリー等を入れています。トレイルでは、ライトや笛などもウエストベルトに入れています。

但し、2Lのハイドラパックとルーファスとの相性は、ハイドラパックのチャック部が大きくて、収納性がいまいちです。ルーファスの荷室自体は、雨具や防寒具などを入れても余裕ですが、レース行き帰りの着替え迄は入りません。


●ベルトの擦れ
 最初は、右肩のベルトが首に擦れていました。ワセリンを塗ったりしていましたが、そのうちに擦れが気にならなくなりました。多分、ベルトの長さの調節で解決したと思います。

私のウェスト(スーツで76cm)が細いためか、ウエストベルトを目一杯締めても緩く感じる場合がありました。


●背中の蒸れ:
ルーファスは、背中の蒸れも、夏に使っていないためか、気になりません(でも、走った後のルーファスは汗臭いです)。

お店で見たら、ドイターは、背中のクッションの真ん中に空気が流れる構造になっていて、蒸れが少ないとのことでした。その時は、ルーファスのフィット性を採るか、ドイターの快適性を採るか、を考えました。でも、ドイターは使っていないので、実のところはよくわかりません。


●他のデイパック、ウエストポーチとの比較
日頃は小型のウエストポーチ(3年ほど前に買った、ランネットのオリジナル商品)を使っています。これは携帯電話、ゼリー2つ位を入れると、走っているときに揺れて気になります。ですが、ルーファスでの揺れは気になりません。

他のランニング用(トレラン用)のデイパックや、揺れにくいと銘打っているボトルポーチ(http://yurenikui.jp/)など経験無いので、もっとフィットしているのかも知れません


●最後に
背中に斜めにボトルが入れられますが、これが便利しています(神流トレランでは抜け落ちてしまいましたが)。リザーバータンクに水、ボトルにサプリ(リプレニッシュなど)を入れて、まずはボトルから給水するようにしていますが、背中に手を回して走りながら簡単に出し入れできます。

色々書きましたが、トレイル走るとき等にの非常用装備を持って行く時や、1L以上の水を持って走るときには、ルーファスは大変便利です。

私のルーファスは型落ちですが、最新のルーファスは胸にも収納部があります。より便利になっているのでしょう。

  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!
今年の2月の第2回大会に引き続き、熊谷の立正大で行われたベアリス30km走に参加しました。

この大会は、背中にペースを自己申告して記入します。

前回はシーズン中の調整レースとして真剣に走って撃沈しました。
今回は、リハビリとして、キロ6分で申告しました。30kmなので、3時間の予定です。

スタート前に、山西先生のお話が有りました。階段上の教室が満席です。ペースランナーや盲人のゲストランナーの紹介もあり、あっという間にスタート30分前です。

バタバタと着替えて、荷物を預けます。サポーターがなかったので、CW-X スタビライクスのロングタイツを直接着ました。

スタートではAVRC埼玉のメンバにお会いして、アミノバリューランニングクラブのネットワークの広さを体感。

号砲がなっても、ペース走なので焦りません。最初は前後しますが、だんだんと「6分」のゼッケンを付けた人が周りに増えてきます。

心拍計も、フットポッドも無いのですが、1kmごとに表示があるので、ペースを確認できます。

SKINSの長袖シャツの裾がまくれてきて、お腹が冷えます。1周後にトイレに寄って修正。その後は淡々と6分(弱)のペースを確保します。

全く暑くはないのですが、1周毎にアミノバリューも給水します。3周目からは、小さなおまんじゅうも毎回頂きました。

後半は風が出てきました。ひなたは暖かいのですが、日陰は寒い。手はずっとかじかんでいました。

5周目を終わって、余裕がありそうだったので、最後の周回はスピードアップしてゴール。直後の心拍数は156?162でした。ちょっときついけど、もう少し走れるかなあ、という感じでした

ゴール後はポカリスエットとカロリーメイトのゼリータイプをもらいましたが、寒さで握力が出ず、開けれらませんでした。そのくらい寒かったです。

着替えた後は、山西先生のラン後の講義。故障中のトレーニング方法(ウォーキング、自転車など)の説明もありました。


大会は完走証が無い代わりに、Webで記録がすぐにわかります。それが、これです。
測定ポイント スプリット ラップ 通過時刻
1周 00:29:34   09:59:34
2周 00:59:13 0:29:39 10:29:13
3周 01:27:20 0:28:07 10:57:20
4周 01:56:12 0:28:52 11:26:12
5周 02:24:14 0:28:02 11:54:14
Finish 02:49:59 0:25:45 12:19:59

結局、キロ5分40秒平均で走ったことになります。

金曜日にできた左足の血豆は、絆創膏をしていたためか、特に問題がありませんでした。ただ、厳冬期の東京マラソンに向けて、防寒(特に手)の対策は考える必要があります。


一緒に走ったAVRCぐんまのみなさん、応援してくれたSさん、そして埼玉はじめ各地のアミノバリューランニングクラブの皆さん、ありがとうございました。

2011年の大会は、これにて終了です。また来年も、どこかの大会でお会いできるのを楽しみにしています。

  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード 携帯サイト

参加予定の大会


Warning: mktime() expects parameter 4 to be int, string given in /home/thik/www/run/2011/12/index.html on line 1748


レース参加結果(クリック!)
あわせて読みたいブログパーツ