ぐんま県民マラソン の記事

今週の月曜日に走ったぐんま県民マラソン。風が強かったですが、気持ちよく走れました。
簡単なメモです。

<会場まで>

朝はお寿司とおはぎ。会場についたら、7:30。ハーフの受付終了ぎりぎりでした。

朝は寒く、手袋に耳を覆う帽子で来ましたが、予報では暖かくなるとのこと。結局、ランパンとTシャツ(下に半袖のスキンズ)で走りました。


<スタートまで>
ハーフのスタートは会場から遠いので、8時に歩き出す。でも、スタート付近のトイレ(1基しかありませんでした)に並んでいたら、結局スタートの2分前に最後尾に紛れ込む羽目に。トイレを我慢してもよかったかな。


<折り返しまで>
スタートは8:30。ハーフの大会にしては早いと思う。
スタートロスは3分、その後もペースは上がらず、少しばらけて走れるかなと思ったが、1kmを過ぎて1車線になり再び一杯。中央大橋を渡ったくらいでキロ5分ちょっとのペースに戻す。

最初の給水が群馬県警察の手前にあるが、水がない! 初めての経験だったが、県民マラソンは給水が多いので気にせず通過した。でも、暑かったら大変だっただろうなあ。
次の給水所で無事水をゲット。少し飲み、そして首に少しかける。Tシャツの下に着たSkinsも要らなかったか。

ここまでは追い風ということもあり、キロ5分10秒を切れるタイムで走っている。心拍も150ちょっとで、問題ない。(が、心拍数は、確認する余裕はなかった)

<陸橋を渡って>
環状線の陸橋手前でも給水をしっかりとる。陸橋でも特にスローダウンすることなく越えていった。いつもは陸橋を越えたあとはいきなり疲れが来るが、今日は淡々と走れている。

旧17号を北に向かって走ると、向かい風が気になる。だが、それ程ペースダウンはしていない。ばらけてはいるが、完全に自分のペースで走れるほど空いてはいない。適当に左右に振りながら走る。ほぼ最後尾から走り出したおかげで、ほとんど抜かれることがないのが気持ちいい。

旧17号は何回も走った道だが、いつ走っても長く感じる。今回は、新前橋の駅前でも停められることはなかった。

平成大橋を渡ると、あと5㎞。利根橋では、少し前のランナーが停められていたが、ぎりぎりでペースを落とさずに通過できた。

群馬大橋の下をくぐるために坂を下る。左足の足裏に、靴下のずれと思われる違和感があったが、気にせず走る。県庁への坂も走って登れた。ここで時計を見たらキロ6分ペースだったので、再度パワーを入れる。

県庁の下をくぐり、通りに出た後に10㎞と合流する。今年はそれほど混雑していないように感じる。この時点で、1時間40分。残り3㎞で1時間55分くらいと踏む。グリーンドーム前で山西先生の応援を受け、あとはペースを落とさないように、走る。例年、国体道路はかなり疲れているが、今年は比較的余裕があった。(が、あとから心拍数を見ると、かなり一杯。でも、筋肉系のダメージはなかったと思う)。

競技場に入って、仲間の応援をもらってゴール。時計がなくてよくわからなかったが、たぶん2時間は切っているはず。

しばらく応援して、記録証をもらうと、ほぼ1時間55分。でもスタートロスが3分もあった。来年は、しっかりトイレを済まして、もう少し前からスタートしたい。

でも、ハーフは今年でおしまい。来年はフルになるそうだ。
ぐんま県民マラソンは、各種フルマラソンのシーズンイン前の調整レースとして便利だったのだが、11月3日にフルマラソンとなると、練習計画をよく考える必要がありますね。

  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

県民マラソンを走ってきました。気温は15,6℃と少し暑めでしたが、北風が強かった!

14110301.jpg
ネットで1時間52分でした。キロ5分15秒平均です。
後ろからスタートしたので、最初の1㎞(キロ7分49秒でした)が効いています。あとはほぼ予定通りのペースでした。
ただし、折り返した後では、ペースは確保できていますが心拍が上がっています。走っているときは筋肉系の疲れはさほどなかったのですが、ペース確保のために心肺系は一杯だったのでしょうね。

次は、つくばマラソン。2012年の長野マラソンで4時間を切って以来、フルマラソンは4時間台になっています。再び3時間台に戻れるでしょうか。

  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

今日、7月1日から、ぐんま県民マラソンのエントリーが始まりました。郵便振替での申込は無くなり、ランネットスポーツエントリー、電話での申し込みになります。

ホームページには、「来年はフルマラソン開催」と書いてあります。もしかしたら、ハーフマラソンは今年で最後かもしれません。

最近のランニングブームで、すぐに定員になる可能性もあります。ハーフマラソンに出たい方は、早めの申し込みがいいでしょう。

  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

先週の赤城山トレイルランニングは欠席しましたが、県民マラソンは参加できました。タイムは大きく落ちましたが、天気に恵まれて、楽しい一日を過ごせました。

<スタートまで>
朝がすっかり冷えてきました。今日はぐんま県民マラソン。風もなく、絶好のラン日和です。

睡眠時間が少ない日が続いたため、寝坊。7:30ギリギリに受付を済まし、いつもの場所へ。早朝から場所取りをして頂き、ありがとうございます。

今日は、アミノTシャツに黄色のランパン。靴はAdidas AdizeroCS6です。

昨年からスタートが30分早くなって、8:30になりました。また、コースが変わったためにスタート地点が遠くなり、ちょっと不便です。

スターターは大澤知事。でも、ピストルが無くて「スタート!」の掛け声でした。


<行きは少し向かい風>
行きは県庁前を通らずに、中央大橋を渡ります。2km過ぎの地点ですが、この段階で1車線とかなり狭く、ぶつからないように気を使いながら走ります。

石倉の交差点で17号に合流します。陸橋を越えて、警察学校(免許センター)の近くで最初の給水ですが、久しぶりということもあり、見事に取れませんでした。

この辺りから、左の股関節に違和感がありました。ここまではキロ5分のペースですが、練習不足なのでいつまでキープできるか不安です。

楽歩堂前を通過して、ホンダの給水所で水を受け取ります。環状線を曲がって陸橋を越えると、10km地点です。

<帰りもイーブンペース>
向かい風になるかな、と思いましたが、それほどではありませんでした。給水を取りながら、淡々と進みます。意外とペースはキープできていました。

今年は1kmごとに看板があり、助かりました。GlobalsatのGH-625XTを付けていたのでペースは判りますが、やはり看板があると「次までがんばろう」という気になります。

前に離されると交差点で停められるかもしれない、と、何とかくっついて走りました。新前橋を曲がると、15km地点です。あと6kmです。

平成大橋で、アミノの応援を頂き(ありがとう!)、17号のアンダーパスを何とか登りきり、県庁にたどり着いたらあと3kmです。

くだり気味なので、気持ちよく走ります。10kmの人の間を縫う感じになりますが、それほどではありませんでした。やはり、去年よりペースが遅いためでしょうか。

残り2kmで時計を見ると、1時間50分がギリギリ! 目標はキロ5分で1時間45分でしたが、なんとか40分台だけは確保したい!と精一杯の精一杯のペースキープです。

トラックに入っても、時計は見当たりません。そのままゴール。ストレッチをして、完走証を待ちます。

<ゴールして>
時間は1時間49分台で、目標は無理でしたが40分台はギリギリセーフでした。

殆ど練習をしていないので、去年よりネットタイムで7分落ちています。来年は、何とか昨年並みを確保したいものです。

その後、アミノバリューランニングクラブのメンバと、バーベキュー。たっぷり頂きました。

12110301.jpg
良い天気で、一日楽しめました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

2011年のぐんま県民マラソンを走ってきました。

今回の密かな目標は、フルの3時間半切りを目指して、ハーフを1時間40分以下で余裕を持って走ること。結果は、1時間43分(ネットで1時間42分弱)と目標には届きませんでしたが、最後の2kmまでは余裕がありました。ハーフの自己新も更新することが出来ました。

11110401.gif
(後半、心拍数の表示がおかしくなっています。うーん、ポラール、困ったものだ)

内容もイーブンペースでした。全ての1km区間で、5分から4分40秒の中で走っています。コースは平坦で、群馬特有の風もなかったことが幸いしました。

走りながら気をつけたのは、「ピッチ180」、「フォアフット」「前傾」です。楽にフォアフットで走ろうとすると、自然に前傾になります。その時にしっかり腰を入っていれば、重力の力で自然に進みます。ピッチ180を確保できれば、それほど筋力を使わずに走れます。但し、地面からの反発を受け止める筋力は必要になります。


度なしのAVRCサングラスで走りました。度が入っていないアイウェアで走ったのは初めてです(0.1が全然見えない近眼です)。熟知したコースなので問題有りませんでした。逆に気が散らなくてよかったです。ただ、いろんな人に声をかけていただくときに、どなたかわからず失礼をしました。曇っていたのでサングラスの効果はあまりなかったかもしれません。

ウェアはTシャツにランパン。予想最高気温が24℃との予報だったので、この格好でも暑いかと心配しましたが、曇りがちでたまに小雨の天気で問題有りませんでした(スタートの気温は15℃でした)。シューズはサッカニーのFastwitch3にしようと思ったが、先週末の30km走で調子が良かった(でもマメができた)Adizero CS6にしました。この靴は、軽くて反発があり、キロ5、6分での走りに向いていると思います。

ただ、キロ4分台で走り切るためには、スピード練習が必要と感じました。今回も「キロ5分の走り方」が良くわからず、最初はポラールでペースを確認していました。田中先生のセミナーにあった、「1分間は2000mを走り切るスピードで、その後ジョグ」を繰り返す練習が良いのかもしれません。

では、簡単な完走記を。

----------------------

11110402.jpg★スタートまで

寝坊して6時に起きる。フランスパン半分を食べて、着替えて自転車で出発し、会場には7:30頃に到着。皆さん既に集まっていました。毎度のことながら、場所を確保していただいて感謝しています。

ゼッケンを引き換える。2ケタの番号は初めてかもしれない。ゼッケンに穴が開いていないので、プラスチックのゼッケン留めではなく安全ピンを使った。ゼッケンを付けるTシャツを着てきてしまったので、一旦脱ぐ必要あり。毎回この失敗を繰り返しているなあ。

8時から開会式。ゲストランナーの森脇健児さんの話を聞きながら、トイレへ。男性でも沢山並んでいることからも、参加者が増えているのがわかる。その後柔軟をして、靴をはきかえてアップに向かう。

補助競技場でアップをしようと思ったが、閉まっていたのでトラックで。ゴール付近は閉鎖されているので、第4コーナーから時計回りに第1コーナーまで走り、同じ場所を戻る。アップは、ピッチを上げることに気をつけた。スピードを上げたのは、ほんの少しの間だった。

エネルギー切れを心配して、パワージェルとアミノバリューの顆粒を食べる。パワージェルをラン中以外に摂ったのは初めてだが、やはりおいしいものではない。ポカリスエットで流し込んだ。

8:30すぎにウインドブレーカーを脱いで、スタートに向かう。トイレで心拍計のベルトの接触部を濡らし、付けた。ポラールをスタンバイ状態にしたら、心拍が70程度を示した。よかった、無事に動いているようだ。

スタートでは既にたくさんの人が並んでいた。度なしサングラスなので、周りがぼやけて見える。空いているところに入ったら、「1時間45分から2時間」の看板のところだった。もう少し前に行きたいが、まあ、いいか。

風が無く、それほど寒くない。手袋とアームウォーマーをしていた年もあったなあ、と思い出す。

バトントワリングの音楽だけ聴き、スタート10分前となった。ポラールはスタンバイ状態になると時刻が表示できない。足を動かしながら、スタートを待つ。

カウントダウンが始めるが、号砲の前に花火が上がり、肝心のスタートがわからない。周りからも、「あ、スタートした」の声が上がる。


★スタート!南下します。

スタートまでは歩いたり走ったり。ゲート通過から計時を始めた。後から見たら、スタートロスは1分40秒だった。

道路の右側を走り、前の人をパスする。前橋公園脇のトイレに駆け込む人もいる。一昨年は行ったなあ、と思い出す。少しトイレに行きたい気持ちにもなるが、そのまま走り続けると気にならなくなった。

喉の渇きを感じたので、県庁前の給水を取ろうとするが混んでいて取れない。この大会は給水所が沢山あり、ペースを崩したくないので、次の給水に向かう

国道17号線に出た。群馬大橋を越えて、上越線の陸橋に向かう。ここから1車線規制になっているが、去年もそうだったかなあ。NHKの前からは1車線規制だった記憶はあるけど。

ペースを確認すると、5分弱。良い感じなので、細かいペース確認はせずに体感に任せて走る。雨が少し降ってきたが、気にならない。

前橋IC付近で、Kさんの応援をもらう。特に疲れを感じずに17号線を下る。楽歩堂の前を通過し、いつも立ち寄っているホンダの私設エイドもパス。良い感じで走れているので、停まるのが勿体無く感じる。給水も走りながらコップを取れる。


★中間地点を越えて

上越線の陸橋を越えて、10km地点を過ぎて北向きに進路を取る。いつもはこのあたりから疲れがくるのだが、今年は大丈夫そう。「弱気が最大の敵(?」という看板を見つけ、「そうだよなあ」と気合が入る。

幸い風もなく、また対向車線の渋滞もそれほど少なく感じた。ドライバーへの周知が広まってきているのかもしれない。

この区間は単調だが、通勤ランの経路でもあるのでおおよその感じは解かる。でも12km、13kmあたりは長く感じた。一般に「3分の2までは余裕を持って走る」と言われているので、ハーフなら14kmまでは気持ちよく走る必要がある。今回は、大丈夫そうだ。

新前橋駅の入り口で、ちょっと先のランナーが足止めされている。県民マラソンでの足止めは初めて見かけたが、私は止まらずに通過できた。

平成大橋までくれば、いつものコース。橋の上に沢山のカメラマンが居るが、皆道路の反対側に向けてカメラを構えている。今日は、高崎から伊勢崎にSLが走る日だった。

刑務所前を曲ると、例年通り私設エイドがあった。元気だったので、パス。毎年ありがとうございます。

その後も幸いなことに足止めをされずに利根川河川敷のアップダウンに向かう。上りではたくさんの人に抜かれたが、ピッチは保っていると思ったのであまり気にしなかった。10kmと合流して、県庁を抜ける。あと3kmだ。

やはり、10km参加者とは速度差があり、なるべくコースを変えないようにすり抜けながら走る。この区間はカメラマンも多いが、近眼なのでどこで撮影しているかよくわからない。それが幸いして、走りに集中できた。

2kmから1kmの間が長く感じたが、それをすぎればあとはゴール。競技場入口でスローダウンしたが、トラックに入ると気持ちよく走れた。フィニッシュタイムもよく見えずに無事にゴールイン。国体道路に入ってからは疲れを感じたが、でもオールアウトではない。もう少しなら走れそうだった。


★ゴール!

記録証を貰うと、グロスで1時間43分台、ネットでギリギリ1時間41分台。目標だった1時間40分切りは出来なかったが、余裕は有った。次のフルマラソンは、キロ5分20秒から10秒のペースでも大丈夫かもしれない。キロ5分だと、まだきついかなあ。

ストレッチをしたいが、まずはメガネを掛けないと周りが見えない。AVRCぐんまの陣地に戻るためにはコースを横断しなければいけないのが玉にキズだが、走者の合間を縫って戻ることができた。

ブルーシートで軽くストレッチをして、今年の大会は終了、ではなく、このあとバーベキュー大会に続きますが、それはまた。


  • にほんブログ村 ジョギングへ   
  • 人気ブログランキングへ
  • ←皆さんのブログも
    どうぞお読みください!

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード 携帯サイト

参加予定の大会


Warning: mktime() expects parameter 4 to be int, string given in /home/thik/www/run/cat47/cat37/index.html on line 1767


レース参加結果(クリック!)
あわせて読みたいブログパーツ